FC2ブログ

こたつの脚を長くするリメイク 一枚板のテーブル工房 きくら

kotaturi.jpgkotaturi1.jpg
以前、椅子やスツールをお買い求めいただいた広島市佐伯区のK様より、こたつの脚を長くして椅子に座って使えるようにしたいというご希望があり、リメイクしました。
奥様が立ちすわりが難しいのでなるべく移動が楽なようにということでした。
取り外しが簡単で、ぐらつくこともない4本脚用ジョイント金具を使っています。
スポンサーサイト

パンフレットの展示台を納品 一枚板のテーブル工房 きくら

panfuoki.jpg

廿日市市の商工会議所の入口に廿日市市産材の桧でパンフレットの展示台を製作し納品しました。

第56回佐伯神楽共演大会 一枚板のテーブル工房 きくら

kagura56.jpg
11月3日、第56回佐伯神楽共演大会が廿日市市の友和小学校で開かれ司会をしました。
今年は津田神楽団も参加して5団体となり安芸十二神祇舞の伝統的な神楽や石見系の勇壮で賑やかな神楽と新旧入り交じり見応えのあるものでした。高校生以下の神楽衣装の着付け体験では子供たちが鬼の衣装のあまりの重さに驚き、記念撮影をして家族で楽しい時間を過ごしていました。kagura56-1.jpg
なんと大蛇は12頭も現れステージ下の大蛇には子供たちがキャッキャッと大蛇にちょっかいを出して喜んでいました。佐伯神楽共演大会ならではの光景です。

2週間のアメリカ旅行 part7 一枚板のテーブル工房きくら

naiagara1.jpg

ニューヨークを翌日出発して、いよいよナイアガラフォールへ!

遊覧船に乗船する前にドライバーのリーさんが「スリッパ」をもってきているか?と聞くのでノーというと靴が濡れるので裸足になったほうがいいらしく、靴下を脱いで乗船し、靴は手提げ袋へ入れました。アメリカ側から乗ると、ブルーの雨がっぱを、カナダ側から乗る人たちは、赤い雨がっぱを着るようです。

この辺りは、滝から離れているのでしぶきはさほどではありませんが、この後、カナダ側の滝壺近くに行くと、全身ずぶ濡れになるほどの勢いで水しぶきがかかり、すごい迫力!

世界の三大瀑布に数えられるだけあって想像を超える景観でした。
naiagara.jpg
圧倒的な滝の迫力を満喫した後、滝の頂上近くまで行ける階段があり写真を撮ってもらいました。

2週間のアメリカ旅行 part6 一枚板のテーブル工房きくら

nyu-yoku.jpg
ニューヨークの金融街の中央分離帯に雄牛のブロンズ像があり観光客がこぞって記念撮影をしているので、私達も何もわからないままシャッターに収まりました。

旅行から帰ってからネットで調べてみると、これはニューヨークの金融街を象徴する雄牛のブロンズ像「チャージングブル」と呼ばれるものだそうです。
実は、この向かい側に腰に手を当てた身長120cmのポニーテールの女の子のブロンズ像もたっているのですが、これは国際女性デーに合わせて一時的に設置されたもので当初は撤去される予定だったらしいのです。でもカッコイイ「恐れを知らない少女」はそのままがいいということでそのままりりしく立っています。
jiyuu.jpg

その後ハドソン川のリバークルーズで自由の女神を間近で見ることができました!

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード