FC2ブログ

極楽寺山へ初登山 一枚板のテーブル工房きくら


正月休みに近くの里山、極楽寺に夫婦で山登りをしました。宮島のSA近くに車を置いて初登山です。入口からすぐに100段の階段がありそこに竹製の杖が親切に置いてあったので主人はお借りしました。標高661mの初心者でも登頂できる山なのですが、2時間30分もかかりました。途中の休憩に30分は使いましたが達成感もありお参りもできて清々しい新年を迎えることができました。因みに下りは1時間半で降りてきました。
主人は登りが、私は下りが苦手で夫婦で対照的な登山となり面白かったです。
これから毎週定休日に登って体を鍛えようなんて言っていますがどうなることでしょうか!
スポンサーサイト

工場入口の屋根の補修ひとまず完了 一枚板のテーブル工房きくら


先代がかれこれ40年くらい前に貼ったビニールの波板が劣化して、あちこち雨漏りがしていたので、主人が少しずつ剥がして、杉板を貼りルーフィングを敷いてトタンを貼っていきました。一番大変だったのは、古い波板を剥がす作業だったようです。先代が、破れた波板の上にそのまま新しい波板を貼っていたので、剥がしても剥がしても次の波板が現れこれには閉口したようです。いつもながら根気のいる仕事を粘り強く黙々とこなす主人に感謝です。

絵本を楽しく読んでみよう


今年も八幡公民館と八幡児童館共催事業の「えほんをたのしくよんでみよう」の講座が開かれ講師を務めました。10月から毎週木曜の放課後、児童館の工作室で低学年と高学年に分かれて3回朗読指導をしました。
参加したのは1,2年生が9人、3,4,5年生が7人です。
今年は、低学年が西村敏雄作 「アントンせんせい」
中学年がサトシン作、よしながこうたく絵 「でんせつのきょだいあんまんをはこべ」 私が読んでいるのは、木村祐一作、あべ弘士絵 「あらしのよるに」です。
いつもそうですが、子供たちは練習の時より本番が一番良く大きな拍手をもらっていました。私が読んだ「あらしのよるに」はこの続きがあり、全巻で7冊の大作です。絶対お薦めの大人も楽しめる絵本ですので是非、手に取ってみてください。

第53回佐伯神楽共演大会



今年で53回目になる歴史ある「佐伯神楽共演大会」が11月7日に今年の春閉校となった玖島小学校の体育館で行われました。私は7年前から司会を務めさせていただいています。佐伯神楽保存会は玖島、浅原、栗栖、河津原の4つの神楽団で構成され、毎年11月の第一土曜日の夕方から深夜にかけて6つから7つの演目が披露され地元の人はもちろん、遠方からも公演を楽しみにしていた神楽ファンで体育館はいっぱいになります。
地域の伝統芸能を大切に継承し、神楽を舞わせていただくことに感謝して日頃の練習の成果を精一杯披露してくださる神楽団の皆さんと地域の方々との温かい結びつきが感じられるアットホームで和やかな雰囲気が私は大好きです。

一枚板のテーブル工房きくら創業55年感謝祭イベント


創業55年の感謝祭のイベントで手作りスプーンの木工体験を実施しました。ある程度の木取りはしておいて、そこからお客様に小さなカンナで削りペーパーで磨いてもらいました。皆さん、時間も忘れて集中して取り組まれマイスプーンをお持ち帰りいただきました。材料はウォールナットと桜を使いました。「楽しかったぁ」「またやりたいね」と言っていただき、よかったです!
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード