FC2ブログ

伝さんの現場の棟上を見学しました


アップするのが遅れてしまいましたが、先週の土曜日、大工の伝さんが手がけていらっしゃる、廿日市市宮内の古刹、専念寺さんの現場にお邪魔しました。
 
本堂とご自宅とを結ぶ渡り廊下の棟上です。これまで彫刻や、仕口の細工、木取りとこつこつと作業を積み重ねてこられ、いよいよそれらを組み合わせて形にする棟上、当事者でなくても緊張します。
 
やはり使っている柱も一般の住宅などでは目にすることの無い、重たくて太い柱ですので、クレーンで移動させます。
 

複雑に絡み合う組み手!!
「四方差し」という仕口だそうです。
 
どういう仕組みになっているのか、にわかには理解できません・・・
 
やはり、家具とはまた違った職人の技の世界があらゆる所に見られました。
 
まだまだ、調整が続きますが、大きな山場は越えたといっていいのでしょうか。伝さん、厳しい暑さが続きますので、無理をされませんよう、お体には十分お気をつけ下さい。
貴重な現場の見学をさせていただき、ありがとうございました。また、手がいる時には、お気軽に声をかけて下さい。猫の手よりは役に立つかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

雷鳥と遭遇しました


はじめまして、長男の辰徳です。
 
 
7月6日広島に帰る前に大日岳に登山に行ってきました。
 
 
大日岳は標高2501m、室堂平から北西に位置する山です。
 
標高1000mにある、大日岳登山口から登るため、様々な高山植物とも巡りあえます。
 
 
 
 
朝5時に友達と待ち合わせを富山市内でして、6時に称名滝駐車場に着き、そこから称名滝に向かってしばらく歩くと大日岳登山口がありました。
 
 
登山口から1時間程で「猿ヶ馬場」に、そこから「牛の首」まで急な斜面を登っていきます。
 
 
「牛の首」を抜けると「大日平」で
す。
「大日平」は高原で、ここが標高2000mとは思えないほど見晴らしが良かったです。
 
 
高原をどんどん進んで行くと見えてくるのが大日平小屋で、そこを過ぎるといよいよ大日岳の峰を登り始めます。
 
 
 
本峰には雪が所々残っていました。
 
 
 
3時間程で大日岳と奥大日岳の分岐点にある大日小屋に到着。
 
ここからは、登ってきた斜面の反対側の斜面を登るんですが、北側斜面ということもあり大量に雪が残っておりかなり危険でした。
 
 
5分ほど行くと「グワッ」という変な鳴き声が・・・
 
 
目を凝らして見るとなんと雷鳥が!!近くで見ようとすると、残念ながら逃げられてしまいました><。
 
 
 
そこから雪の上を30分ほどで頂上につきました。丁度12時近くだったので弁当を座って食べていると、なにやら怪しい影が・・・
 
 
ふっと見ると雷鳥が目と鼻の先、ほんの2m前を歩いているじゃありませんか!!それも雄雌2匹で!!
 
 
 
雷鳥の夫婦はその後10分ほど僕たちの目の前で遠くを並んで見たり、頂上にある祠に登ったりして去っていきました。
滅多に見ることができない雷鳥を目の前で見ることができて本当にラッキーな登山でした。
 
 
 

 
                                                    おしまい。。。

梅みそを作りました


今年、収穫した梅で梅味噌を作りました。
 
梅は丸のまま500gを冷凍しておきます。
 
そうすると細胞が破壊されて煮崩れやすくなります。
 
解凍した梅と麦みそ500g、砂糖400gを一緒に煮ていきます。
 
火加減は中火から弱火ですが、焦げつきやすいので注意が必要です。
 
 

最初はなかなか梅が崩れませんが10分から15分混ぜていると形がなくなってきます。
 
畑でとれたモロッコにつけていただきました。
 
梅の酸味がきいてよくあいました!
 
きゅうりにつけてもグッドです。
 
いかにも自分で考えたように書いていますが、
どこかのレシピの受け売りですので・・・
 
梅がたくさん手に入ったときには是非お試しください。

ダンボールコンポストのその後


ダンボールコンポストを始めて、一週間が過ぎました。
 
生ゴミ特有の臭いもなく、虫もわかず、目立った変化もなく・・・
 
これって発酵がすすんでいるのでしょうか?
 
水分を補給したほうがいいのかなあ・・・
 
温度は28度だから、もうちょっと高いほうがいいと思うのですが、まあ、せっせとかき混ぜていれば、問題ないでしょう!

ダンボールで生ゴミ処理に挑戦


少し前、中国新聞の文化欄に、ダンボール箱を使った生ゴミ処理の方法がのっていたので、切り抜いておいたのですが、ようやく実行に移せました。
 
でも、たまたま行ったホームセンターにピートモスともみ殻くんたんの在庫が少なくて欲しい量は調達できなかったんですが、とりあえず、やってみました。
 
虫除けの被いは主人のTシャツの首と袖を縫ったものを使いました。
おそるおそる卵の殻やきゅうりの皮などを入れて混ぜておきましたが、うまくいくかな~?!
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード