FC2ブログ

カウンターの上にタモの一枚板


廿日市市のS様宅のキッチンのカウンターの上に載せる一枚板のタモです。
長男の辰徳がお世話になった北海道のおといねっぷ美術工芸高校時代のお友達のご実家が材木屋さんで、3年前に主人がお邪魔して、購入したタモです。
荒材の時は、厚みが、7cmあったので、機械で削って削って4cm弱にし、鉋をかけ、入り皮や節穴を補修し、オイルで仕上げました。
元の材料の半分近くは捨ててしまうのですが、これは仕方ありません。木が反ると書いて板と読むように、木は乾燥する間に反りがでて、それを水平にしてから家具に使います。テーブルの天板は反りの具合によって厚みが決まります。
 

前にあるカウンターの上に、2この脚を置いてその上にドーンと載せました。
ゴムの滑り止めを置いて載せているだけですが、一枚板の重量で、十分安定しています。
 
転居の可能性もあるので、固定せず、置くだけにしてくださいというご希望でした。
ちょうど、奥の柱の部分が入るような板の形でしたので、そのままの形を活かして使いました。
奥行きは40cmくらいありますので、使い勝手も良くなったと思います。
S様には「すっごーい!」と喜んでいただき、ほっとしました。
 

暑い中、納品に行った甲斐がありました!
スポンサーサイト

初マツダスタジアム


昨日、何年ぶりかの野球観戦に行ってきました。
広島駅から徒歩で15分、新しくなったマツダスタジアムに行くのは私は初めてです。
(息子と彼女は今日で4回目の観戦なのですが)
 
入場口近くに行くと場内の歓声が聞こえてきて、ワクワクします!
もう、6時15分くらいになっていましたので、2回の表が始まっていました。
野球に詳しいわけでもないので、楽しめるかな?と思いましたが、まず、3万人近い人のどよめきの迫力は快感!!
テレビでは決して味わえない醍醐味です。
 
 

私達が座っていた外野席からの眺めはこんな感じ・・・
電光掲示板を見ないとバッターが三振したのも、見逃してしまいそうな距離です。
白いユニフォームが阪神で、青がカープ
この日は復刻版のユニフォームを両チームが着ていました。
バリントンとメッセンジャーの投手戦でしたが、
カープの選手がバッターボックスに入る度に各選手のテーマソングが流れ、その後、それぞれの選手ごとに応援の掛け声も決まっていたりして、外野席は熱いファンが多いので、私まで気持ちが高揚します。ちょうど、隣の席の若い青年が熱い応援をしていたので、釣られてしまいました。
 

7回のカープの攻撃の前にはみんながいっせいに赤い風船を飛ばして、一気に盛り上がり、
一体感は最高潮に達します。
松山がヒットを打って2対2の同点になり、結局延長10回までそのままでおわり、球場を出たのが9時40分、駅までの道も人がいっぱいで暑くて大変疲れましたが、本当に楽しめました。
また、機会があれば、行ってみたいです。
お尻は少々痛いけれど、熱い外野席がお勧め
そして応援グッズは必須です!

娘が夏休みで帰ってきました。


久しぶりに日本に帰ってくると、日本は空気がきれいで、山の緑が美しいとつくづく思うらしく、写真を撮りまくっている娘です。
お盆に私の親戚のある吉和村に行ってお墓参りを済ませ、スイカをいただいた時の一枚!
 
同じ廿日市市なのですが、涼やかで、爽やか。
畑には、きゅうりやナス、うり、トマト、とうもろこしなど、わが家では、もうとっくに終わってしまった野菜たちが元気に育っていました。
このスイカもちょうど食べごろで、甘さも申し分なくおいしかったです!
身も心もリフレッシュできました。
 

わが家のベランダから裏の車庫や畑、お隣のデイサービス施設の屋根越しに見た風景を「なんてきれいなの!」と、娘がパチリ。
 
車庫の屋根には、父が育てているかぼちゃがものすごい勢いで成長しています。
なんでもない景色ですが、山の濃い緑が青い空と白い雲に映えて確かにきれいかも・・・
娘のいる山東省の斎南市は人口が800万人もいる大都会で乾燥がひどく、青い空を見ることがあまりないそうです。
平和で穏やかなこの風景が、かけがえのない美しい日本の風景なんだと、娘に教えてもらった気がしました。

一枚板の乾燥に苦心


今日は、8月9日。長崎に原爆が落とされた日です。11時2分には、廿日市市でも、サイレンが鳴らされ、私も一分間の黙祷を捧げました。
8月3日に行われた、ひろしま音読の会の「ヒロシマを朗読する」でも、私は長崎の手記を読ませていただき、今年初めにも長崎の追悼祈念館を訪れているので、いつもより、長崎への思いが募ります。
 
さて、木久楽の倉庫の2階にクラロウォールナットやブラックウォールナット、トチ、ケヤキなどの一枚板を並べて電熱器、ストーブで温度を上げ、除湿機で湿度を下げて、ゆっくり乾燥させています。
現在、温度は41度、湿度は39%。板にあまり負担をかけないように、でも、できるだけ早く乾燥させたいという難しい乾燥に主人は連日、苦心しています。
 
 

スイカをゲット!


今日は、8月6日。私は、朝7時に、自宅を車で出発して、佐伯区の藤の木団地にある、藤の木小学校で、被爆体験記の朗読会で朗読をしてきました。1、2年生60人の担当で、この暑さのなか、1時間のプログラムに集中できるかなと心配していましたが、みんな、最後まで一生懸命聴いてくれて、感動しました!
 
さて、一回は、サルの被害にあったわが家のスイカですが、父が、念入りにネットを張って、用心したおかげで、2個目のスイカを収穫できました。
 
 先日、中国新聞のこだま欄にスイカは実をつけてから45日がちょうど採り頃とあったのですが、ちょっと待ちきれず、40日目に採りました。
 

たたくと、かなり鈍い音・・・
果たして熟れているのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

う~ん、まあまあかな~
 
食べてみると、やっぱり、もう5日待ったほうがよかったのかなという感じでしたが、
 
でも、大満足です!
 
わが家はずーっと、節電で、クーラー無しで、頑張っているので、よく冷えたスイカが何よりのご馳走なのでした。
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード