FC2ブログ

今年もステキな絵本との出会いが・・・


今年で7回目になる「子ども朗読講座 えほんをたのしくよんでみよう!」が終わり、お便りをいただきました。
広島市の八幡公民会の主催事業で、八幡小学校の児童館の子供達が、10月の木曜日の放課後、朗読の練習を3回して、最後に発表会をするものです。
今年は、音読の好きな子供達が、1年生6人、2,3,4年生7人の応募があり、発声練習や発音練習をして発表会に臨みました。みんな、音読の好きな子ども達ばかりなので、本番はやる気満々!堂々として、一番の出来でした。
 
1年生は中川ひろたか作 村上康成絵の
「さつまのおいも」
2,3,4年生はあおきひろえ作絵の「夏平くん」に挑戦しました。
 
「さつまのおいも」は、子ども達が大好きないも掘りを、子ども達とおいも達のつなひきにしてお話が展開していく可愛い楽しい絵本ですが、全然内容は違うのですが、私は金子みすずの「大漁」のことが頭に思い浮かび、ものを見る視点は通じるものがあるのかなと考えた次第です。
「夏平くん」は無茶苦茶だけど、憎めない、そういえばこんな子いたなあって友達の顔が浮かんでくる友情の芽生えを感じさせてくれる一冊。
最後に私が読ませていただいたのは、宮西達也作絵の「おれはティラノサウルスだ」 絵は漫画チックなのですが、最後に胸が熱くなって思いがけず泣いてしまいそうになるステキな絵本です。
癒されたり、深く考えさせられたり、読書の秋に、絵本を手にとってみるのも、いいですよ!
スポンサーサイト

27回目の結婚記念日


秋の味覚いただきました。
 
銀杏は私の妹から、栗はお世話になっているT先生が松茸を探しに行って松茸には会えず、代わりに拾われた山栗のおすそ分け。
無花果はわが家のものですが、今年はなかなか熟しません。
銀杏は封筒に入れ、電子レンジで1分温めると、ポンっポンっとはじけて殻がむけますので、そのまま食べました。
栗はていねいに皮を包丁で剥き、玄米といっしょに炊いて栗ごはんにしようと思っています。
 
 
 

10月19日は結婚記念日だったことを思い出し、夕方急遽、食事にでも行こうかということになり、インターネットで全日空ホテルの雲海という和食のレストランを見つけ、予約。
せっかくだから記念に写真を撮っていただきましたが、忙しかったので化粧もしていません。
(トホホ、ちょっと後悔・・・)
 
主人はあまり外食が好きではないので、なんと考えてみれば、二人でこうしてレストランに行ったのは、長男が北海道にいた頃、札幌のレストランに行った以来ですから、ほぼ、10年ぶり!
「ぼくと結婚して良かった?」なんて主人が改まって聞くのでおかしかったのですが、「良かったに決まっているでしょう!」と、心から答えました。いつも一緒にいる私達ですが、たまにはこんな改まった所で、お互いを見つめ、リフレッシュするのもいいものですね!

一枚板のテーブル工房きくら 陶芸の額を制作

  木久楽の近くの四季が丘団地にお住まいのI様より、展示会用の陶芸の額、12この制作を依頼されました。材料は、イタヤカエデ、クリ、トチなどを使用し、木の素材感が出たほうがいいので塗装はしないことになりました。
 
 
治具を作ってNCルーターでくり貫くことも考えましたが、手でやったほうが早いだろうと思ってやってみたら大間違い!
 
板の厚みが3cmもあり、特にカエデは硬くて、ビットは折れるし結構苦労しました。   一つ一つが勉強です!

畑の恵み


大きなボールいっぱいのミニトマト。
まるで宝石のように輝いています!
 
夏の名残を惜しむかのようなトマトは、毎朝、リンゴとにんじんとジュースにして、いただいています。
 
トマトは父が広島で被爆した後、田舎で、とにかくトマトをいっぱい食べたお陰で、なんとか生き延びたと、とても思い入れのある食べ物で、夏になると畑はトマトの畑になるのでした。

ワインラックで掃除もラック楽


3年前にナラのダイニングテーブルを納品させていただいて以来ご贔屓にというか、面倒をみていただき、時々は家族でおいしいものをご馳走していただいたり、不思議なご縁でとても楽しいおつきあいをさせていただいている広島市のMさまです。
写真のテーブルが3年前のナラのダイニングテーブルで、椅子はスピンドルの方が息子の辰徳製、手前の椅子が主人の製作です。
「おっ!」と、ここに、これがあれば便利と思いつかれるとすぐさま木久楽にご来店。その度にきりきり舞いの主人ですが案外楽しそうなんですよ!あの材料でこうやってと二人で試行錯誤・・・
 
だから、Mさまのお宅には木久楽製の家具というんでしょうか、暮らしの道具というものが、あっちにもこっちにも。
さて、今回は、ワインラックです。今までワインの瓶が十数本床の上に置いてあったので掃除の度に一本ずつ移動しなければならず、そこで、「おっ!」と、いつものように思いついたら、即、製作!材料はクリとキハダです。
 
 
 
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード