FC2ブログ

スカイツリー体験


教育旅行セミナーで東京に来させてもらったので、634mの世界一高いタワー、スカイツリーに行ってきました!
 
東京駅から総武線で新小岩駅で降り、ビジネスホテルに一泊し、翌日、そのホテルの裏にあるバスターミナルからスカイツリータウンまで直通のバスが出ていたのでラッキーでした。
 
遠くから眺めると予想していたより低いなあと思われたスカイツリーが、真下に来て上を見ると、のけぞって気持ちが悪くなるほどの高さでした。
 
朝の9時半くらいだったのですが、一階にはお土産物を買う修学旅行生や観光客がいっぱいいました。
 
まず、350mの展望デッキまでのチケットを¥2000で購入。
このチケットを買うのに行列し15分待ちました。いざ、エレベーターへ乗り込み、たったの50秒で350mの展望デッキに到着です。
 

「うわー、東京砂漠だあ」
 
どこがどこなのか、さっぱりわからないので、時空ナビという案内映像で調べると、手前に流れているのが隅田川で、左上の白い扁平な楕円が東京ドーム、中央に広がる緑が上野公園で、隅田川と上野の間が浅草だそうです。
この日は晴れていいお天気だったのですが上空は霞んでいて、あいにく富士山は見えませんでした。
ぐるっと一回りして、大都会東京の広大さをあらためて思い知り、ここまで来たらやっぱりもう100m上まで行きたくなって¥1000でチケットを買いエレベーターで30秒。
 

450mからの眺めです。ここまで来る人はあまり多くありません。350mの感動に比べると展望回廊からの眺めはちょっと微妙・・・
 
窓も小さく仕切られていてよくわからない。
 
皆さんそれを知っていてここまで来なかったのかしらん!?
展望回廊は445mから450mの高さまでスロープ状の回廊になっていて、一回り110mをぐるりと回るともうすることもなく、降りるしかありません。
記念に写真でも撮ろうかと自分にカメラを向けていると親切な若い女性グループの方が
 

シャッターを押して下さいました。
ここが最高到達点の451,2mです!
 
よかった~記念撮影も終えホッとして地上へ降りていきました。エレベーターは40人乗りなので帰りはゆったりでした。
 
降りた時は、11時くらいになっていたのですが、もうエレベーターのチケットを買うための整理券をもらわなければならないような混雑ぶりで、スカイツリー人気は相当なものです。
 
営業時間は8時からなので、早めのおでかけがお勧めです。
 
東京スカイツリータウンには、下町をイメージできる商業施設「東京ソラマチ」や、水族館、プラネタリウムなどもあり、時間があれば、一日ゆっくり楽しめそうでしたが、残念ながらそうもしていられないし、帰りは押上駅から東京メトロ半蔵門線で大手町まで行き丸ノ内線で東京駅に到着。
 
今度、東京に来られるのはいつになるかなあと名残を惜しみながら新幹線に乗りました。
 
スポンサーサイト

広島県教育旅行セミナーで東京へ


学校関係者や旅行会社を対象として、広島県での平和学習や自然体験学習などを紹介し、広島県への修学旅行などの誘致を図るセミナーで東京へ行ってきました。
 
平和学習の一つのプログラムとして被爆体験記の朗読会があり、その実演を行いました。
 
人類史上、核兵器の実際の恐ろしさを知っているのは、原爆が落とされた広島と長崎の被爆者の方だけで、その体験は核兵器廃絶のために風化させてはいけない貴重な記憶遺産だと思っています。
 

一枚板のテーブル工房きくらの幟を手作り


老朽化したテントを撤去して、お店周りが淋しくなったので、4本の幟を新調することにしました。
といっても、手作りですので、時間がかかります。
 
生地を買ってきてミシンをかけ字を下書きし、濡れてもいいように、アクリル絵の具とトールペイントで使うテキスタイルメディウムを1対1の割合で混ぜ慎重に塗ります。
前回は白地だったのですが、今回は待ち遠しい春をイメージしてモスグリーンの生地を使いました。ご来店の際は、「一枚板のテーブル」と書いたこの幟を目印にお越しください!
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード