FC2ブログ

一枚板のテーブルの天板の仕上げについて その⑤ 鉋台の平面出し

 


 
刃の砥ぎ方は練習する以外には上手になる方法はないのですが、最近は砥ぎ治具の良いものが出ていて、その補助道具とダイヤモンドの1000番で最初に砥げば早くきれいに砥ぐことができます。
その後ダイヤモンドは傷が荒いので、先日書いた「刃の黒幕」などの砥石で先ほどのできた面を1000番、2000番、8000番で仕上げれば比較的誰でもきれいに刃をつけることはできます。あとは、とにかく練習するのみです。
日本の鉋は、刃は鉄、台は木でできているので実に繊細な関係なのです。いくら刃物が砥げていても台の調整ができていなければ、まったく削れません。気候によっても、一日の時間帯によっても、また、何度も砥いで使っているうちに調子が狂ってきたりします。特にテーブルの一面を削る場合は面積が多いので再三、砥ぎと台の平面直しをします。
それで平面出し(下端の調整)は、上の写真のように5㎝位の厚みの木の上に厚さ8mmで巾が12cm、長さが30cmのガラスを置き、その上に下の写真の、裏に粘着のついた、95mm巾の180番のサンドペーパーを貼り付けて行っています。最初は240番を使っていたのですが少々目が細かすぎたので180番に変えました。台の下端の調整については中仕上げの2点付けで行っています。最後に、台直し鉋とスクレイパー代わりに鑿を使って微調整をします。
スポンサーサイト

一枚板のテーブルの天板の仕上げについて その④

 


刃物の砥ぎの続きです。砥ぐ前の砥石の平面だしは、ダイヤモンド砥石
1000番(アトマ)を使って出しています。これが一番楽で実用的な平面だしができるので使っています。縦横斜めと色々な方向にダイヤモンド砥石を動かして水平を出しています。この作業は結構頻繁にやっています。
一回砥ぐと結構砥石は凹むので重要な作業です。これを怠って砥ぐと刃が凸になります。削る時にはこの刃だと削りやすいのですが、削り跡が凸凹になります。そのためまっすぐに近い状態になるように砥ぎます。
実際には気持凸状にしています。
下の写真は砥石と鉋刃がぴたっと合ったときの状態です。砥石に鉋刃が吸いつく状態です。しかしこれでは長切れしないので実際には少し丸くします。この砥石は5000番です。8000番の写真はぼけていたのでこちらを載せました。

伊勢神宮 内宮にて


内宮の参拝入口の橋の前で。五十鈴川にかかる3本の橋も20年に一度新しくされます。参拝は朝5時からできるそうです。

この石段の前までが写真撮影が許されています。外宮は平地にあって古い御宮も並んでまだ建っていて20年の歳月を茅葺の屋根などで感じることが容易にできますが、内宮は並んでまだ建っていましたが、より高い位置にありほとんど見ることはかないませんでした。また、20年後参拝できることを願って、清々しい境内を後にしました。

念願のお伊勢参り


伊勢神宮の式年遷宮は20年に一度、御正殿、御門、御垣など全てを新しくして大御神様に新宮にお遷りいただき国と国民の平安、発展を祈る我が国最大のお祭りです。念願かなってようやく参拝できました。1300年にわたって受け継がれてきた伝統は日本人の誇り。総檜作りの外宮本殿の前で、パワーをいただき、気持も新たに頑張ろう!と思いました。

伊勢神宮の境内の中で最も樹齢の大きな木だそうですと、この女性が教えてくださいました。900年以上経っているそうで、「もしかすると、明日樹齢1000年になるかもしれませんね!」と話し合いました。この木の根元はもはや木とは思えない神々しさを感じました。どうかこれからも私たちを見守ってください。

一枚板のテーブルの天板の仕上げについて その③


 
もし、1mmの深さの傷が一か所でもあると、板全体を1mm削り落していくわけですが、あまり刃を出しすぎるとまた、新たな傷を作ってしまう可能性があります。そこで仮に0.2mmずつ削ったとすると5回で削り落せる計算になりますが、実際は理論どおりにはいかず、もっと回数は増えます。というのは削りかたの力加減が微妙に違うため定規をあてながら様子をみて削っていかなくてはいけないからです。

 
1回から2回全面を削り終わったら、鉋の刃を研ぎます。決して削っている途中で研ぐことはしません。刃の出が変わって削り代が変わり、水平度が落ちてしまうからです。削っては研ぎ、研いでは削るの繰り返しです。上の写真は「刃の黒幕」の1000番で研いでいるところです。この後、2000番
そして仕上げに8000番で研いでいます。

一枚板のテーブルの天板の仕上げについて その②


 
横ずりの最中にも頻繁に定規をあて、水平の狂いがないようにチェックします。

 
画面では見えにくいかもしれませんが、まだ、荒削りなので、鉋の跡がはっきり見えると思います。これで大体の傷を取り、少しずつ鉋の刃の出を少なくし凸凹を少なくしていきます。その途中にも再三定規を当て、水平を確認します。ちなみにこの段階では寸六の鉋で削っています。横ずりの段階では切削抵抗が少ないのと逆目がおきにくいので、押さえをあまり効かさずに削っています。材料にもよりますが、これに半日から一日かけることもあります。かなりの重労働です。
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード