FC2ブログ

一枚板のテーブル工房きくら店舗 遂に庇が完成しました!



雨樋も付けて、本日、遂に庇が完成しました!家具職人の大工仕事にしてはかなりの完成度ではないでしょうか!我が主人ながらあっぱれと言いたいです。「庇を作る」と言ってはいましたが、内心本当にできるの?と実は半信半疑でした。ごめんなさい。完成祝賀会として今夜は和牛の焼き肉とさせていただきます!
スポンサーサイト

一枚板のテーブル工房きくら 庇に屋根材を無事、載せました


二日かかって、ほぼ半分のところまで、貼りました。緑とこげ茶の2種類を交互に貼っていくのですが、寒いと接着剤が固くなって、しぼりだすのが大変ですし、仕事もあるので、昼ごはんを食べてすぐの、温かい1時間の間に作業します。

そして、今日、無事、全て貼り終えました。ご苦労さまでした!私は、壁にかかっている看板に手をかけていないと怖くてこの上を移動することはできなかったのですが、主人はすっかり慣れて、すたこらさっさと歩き、端っこの細いところでも平気で作業していました!本当に器用貧乏な、いえいえ頼もしい、何でも出来ちゃう旦那さま、ありがとうございます!!最後の仕上げ、雨樋も頑張ってね

一枚板のテーブル工房きくら 仕事のついでに紅葉狩り


北広島町の実家にある100号の絵の額を製作してほしいというご依頼を受け、ドライブがてら紅葉を見に、吉和のもみのき森林公園に行きました。まったく人けがなく、閑散とした中、中途半端なポーズをとるお茶目な主人です・・・それから、ニュースで見た筒賀の大歳神社の大銀杏を見に行きました。樹齢1100年のパワーをもらい、お客様のもとへ


ご実家の築100年になる茅葺の家が描かれた100号の絵の額を作ります。近くには、スキー場もある北広島町のこのあたりは、冬は雪が軒先まで積り生活は大変だそうで、今は、住む人もなく、私たちも夏場しか来ないんですと、話されていました。栗の大きな梁や柱、屋根の茅葺の造作は白川郷の合掌作りで見たような立派なもので、昔の大工さんの仕事の技を見させていただき、圧倒されました。

テーブル工房きくら店舗の庇を作っていますの続きです


 
屋根に垂木を等間隔に載せ、コンパネを貼り、庇の骨組みが出来上がりました。今、雨が降っても大丈夫なようにルーフィングを貼っているところです。2階の窓から主人の仕事を見守っています。私もこの上に上がって手伝いましたが、けっこう傾斜があり、怖いです・・・

 
下から見るとこんな感じです。今回は、足場を組まず、脚立だけで作業しました。よくぞ、ここまできたと感心します。この後、屋根材を買ってきて貼っていく大仕事があります。できれば雨樋を取り付けたいのですが、思案中です。あと少しで完成なので頑張ります!!
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード