FC2ブログ

テーブル工房きくら 年末恒例のお餅つき、今年もやりました!


薪で火をおこして2段のせいろで、お米を蒸しています。今まで、このそばで餅をついていましたが、外でこねたり、ついたりすると餅が冷えてしまうのではないかという反省から、工場入口の中でつくことにしました。今年は5キロのもち米を4回に分けてつきました。

長女は、アメリカへ、長男は、タイへ遊びに行ってしまい、来春就職をする次男しかいないので今年は中止にしようかとも考えたのですが、次男の友達と二人の姪が手伝ってくれ、おおいに助かりました。お米をしっかり蒸して、臼に入れて、念入りにこねることで、きねでつく回数を減らし効率的においしいお餅ができた気がします。

来春、晴れて早稲田の学生となる姉と高校一年生の妹ふたりの姪のおかげで賑やかで楽しいお餅付きができました。これで、今年も心おきなくお正月が迎えられます。皆さまにとっても来る年が、明るい幸せな一年となりますように、お祈りしております。
スポンサーサイト

きくらの初代と3代目 たまねぎの苗を植えています


じいちゃんと孫で畑を耕しています。ちなみに、じいちゃんは85才、鍬をふるうのも結構しんどくなってきていますが、おかげさまで元気です。
種から育てた、たまねぎの苗をこれから植えていきます。

これで500株くらいだそうです。隣の白菜もだいぶ巻いてきました。いつもおいしい無農薬の野菜をじいちゃん、ありがとう!!

絵本をたのしくよんでみよう


私が講師を務めて今年で8回目でしょうか、八幡児童館と八幡公民館の主催で行われている子ども朗読講座「えほんをたのしくよんでみよう」の発表会の後で記念に撮っていただいた集合写真です。今年は10月23日、30日、11月6日と3回の練習を経て21日に児童館で発表会を行いました。
1、2年生は「くまのコールテンくん」 3、4年生は「ともだちごっこ」そして私は「うえきばちです」と「月夜のみみずく」を読ませていただきました。
子ども達は発表会ではマイクの前で胸を張って堂々と読み、声を出して本を読む、そして伝える楽しさを表現してくれました。また、聴いてくれた児童館の子ども達も静かに集中して絵本の世界を楽しんでくれたように思います。束の間の子ども達との交流はとても愉快で充実した時間でした。

テーブル工房きくら 4年前に納品したナラのテーブル天板を削り直し


4年前に納品させていただいたナラの2枚剥ぎのダイニングテーブルの天板をきれいにしてほしいというお電話をいただき、広島市佐伯区五日市町まで引き取りに伺いました。
大きな傷もなくとてもきれいにお使いです。さっそく手がんなで表面を削っていきます。

鉋のひと削りで元のきれいな木地が出てきました。この後、耳も削って、オイルが沁み込みやすくするためにペーパーをかけて仕上げます。
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード