FC2ブログ

こだまに掲載されました!一枚板のテーブル工房きくら

kodama.jpg
今朝、中国新聞を読んでいた主人が鈴木弘子がのっとるというので、何のことかと思ったら、少し前に書いて、ボツになったと諦めていたこだまの「大切な傘」でした。本当に大切にしていて無くなったのがあんまり悔しくて30年ぶりに、こだまに書きました。
やっぱり載ると嬉しいです!!きくらのお客様との思い出が詰まった大切な傘だったので、これで少しは報われた気がします。
スポンサーサイト

帝釈峡で紅葉狩り 一枚板のテーブル工房きくら

taisha.jpg
夫婦で帝釈峡へ紅葉狩りに行って来ました。駐車場には、岡山や奈良など県外ナンバーの車も多く、今更ですが、有名な観光スポットなんだと思い知りました。

taisha1.jpg
川のせせらぎが心地よく日本人のわびさびの世界を堪能しました!
ただ、肝心の紅葉はもう遅きに失した感じで落ち葉の道を歩いて散策し、そのあと、神竜湖で初めて遊覧船というものに乗り、秋の一日を満喫しました!

ペンダントライトの木製シェードを作りしました!一枚板のテーブル工房きくら

rannpu.jpg
一枚板のテーブルを作った後の端材で洋旋盤を使って木の器を作っているのですが、その延長でペンダントライトの木製シェードを作ってみました。ただ、ソケットのサイズが色々でそれに合わせるのに今も苦労しています。
LED電球をお使いいただけば、発熱の心配もないので、安心です。
お部屋の雰囲気も変わると思いますのでインテリアの一つのアイテムとしてお考え下さい。

第55回佐伯神楽共演大会 一枚板のテーブル工房きくら

saeki1.jpg
saeki.jpg
第55回佐伯神楽共演大会が浅原小学校の体育館で行われ今年も司会を務めました。
この共演大会は、浅原神楽団、栗栖神楽団、河津原神楽団、玖島神楽団の4団体からなる佐伯神楽保存会が入場無料で開催していて地元の皆さんや神楽ファンで体育館はいっぱいになります。
私は7、8年前から司会をしているのですが、廿日市市に半世紀以上前から続いている共演大会があることをそれまで知らずびっくりしました。150年以上の歴史をもつ神楽団もあり連綿と続いている郷土芸能を絶やしてはならないという使命感にも似た神楽への熱い思いを感じます。今年は、河津原神楽団では20年ぶりに復活した「弓」と50年ぶりに舞われた「長刀」など今まで見たことのない貴重な演目を見ることができ感激しました!
プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード