FC2ブログ

伝さんの現場の棟上を見学しました


アップするのが遅れてしまいましたが、先週の土曜日、大工の伝さんが手がけていらっしゃる、廿日市市宮内の古刹、専念寺さんの現場にお邪魔しました。
 
本堂とご自宅とを結ぶ渡り廊下の棟上です。これまで彫刻や、仕口の細工、木取りとこつこつと作業を積み重ねてこられ、いよいよそれらを組み合わせて形にする棟上、当事者でなくても緊張します。
 
やはり使っている柱も一般の住宅などでは目にすることの無い、重たくて太い柱ですので、クレーンで移動させます。
 

複雑に絡み合う組み手!!
「四方差し」という仕口だそうです。
 
どういう仕組みになっているのか、にわかには理解できません・・・
 
やはり、家具とはまた違った職人の技の世界があらゆる所に見られました。
 
まだまだ、調整が続きますが、大きな山場は越えたといっていいのでしょうか。伝さん、厳しい暑さが続きますので、無理をされませんよう、お体には十分お気をつけ下さい。
貴重な現場の見学をさせていただき、ありがとうございました。また、手がいる時には、お気軽に声をかけて下さい。猫の手よりは役に立つかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード