FC2ブログ

ジョージ・ナカシマの言葉に感動


親戚の方にいただいた米の家具デザイナーで建築家の
ジョージ・ナカシマの「木のこころ」という本を読んでいます。
 
その中には、木の家具づくりの発見や情熱が詰まっているのですが、とてもすばらしい言葉が目に留まったので、ご紹介します。
 
「通常、作品の形は、その樹木が生息地で自然に育てられたのを引き継ぐような気持ちで発展的に作り出される。
そうすると、作られた作品は永遠に行き続けることができる。これは木にとって、人間とのたった一度の出会いで、心のこもった接待を受けることである」
 
もとの樹木が作られた家具の中で永遠に生き続けるなんてロマンティックですね!!
なかなか、町の木工やさんとしては難しいのですが、気持ちのどこかには、いつも持ち続けていたい言葉です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード