FC2ブログ

伝さんの現場に私もお邪魔しました


木久楽の近くに専念寺という古刹があり、ブログのご縁でお世話になっている大工の伝さんがお仕事をされています。
 
主人は一枚かんなの台の作り方を指南していただくことになり、現場へも何度か押しかけていたのですが、私も初めてお邪魔しました。
 
見事な彫刻!!
ヒノキの木くずのいい香り!!
 
そこは腕一本で木と格闘する職人の現場でした。
 
 

フリーハンドで描いた波模様・・・
 
 
 
 
それが・・・
 
 
 
 
伝さんの手によって・・・
 
 
 
 
 
 
 

さくさくと様々なノミを使い分けて彫られていきます。
どのノミを使おうかと迷うこともなく
手には次々にその部分にあった角度のノミが持ち替えられ、徐々に模様がくっきりと現われてきます。
 
「道具が仕事を呼んでくれる」
伝さんの一番印象に残った言葉。
 
最近、一枚かんなの調整に時間をとられている主人に少々イライラしていた私ですが、伝さんのこの言葉になるほどとすっかり納得したのでした。
 
 

この枡?(ます)の組み手は地震がきても崩れない免震装置になっているなんて知りませんでした!
 
昔の人はすごいですねえ!
 
そうそう、伝さんが今何を作られているのか言い忘れました、
 
お寺の本殿と自宅とを結ぶ渡り廊下を造っていらっしゃるのです。
 
完成が待ち遠しいです!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード