FC2ブログ

大正時代にタイムスリップ 一枚板のテーブル工房きくら

P1100053.jpg
愛媛県喜多郡内子町で「手しごと木のおもちゃ博覧会」という催しがあり、しまなみ海道をドライブして行ってきました。
木のパズルやゴム鉄砲などイベントで使えそうな木のおもちゃはおおいに参考になりましたが、最も興味を魅かれたのは、会場の近くにあった木造劇場の「内子座」です。創建は大正5年で、今年が創建100年になり、立川志の輔さんの独演会があるそうです。
木蝋や生糸で栄えていた時代に歌舞伎や文楽などの芸能を愛してやまない人々の熱意によって建てられたそうで、なんと奈落には人力で回す回り舞台の仕掛けもあって、当時の人々の心の糧になっていたことが偲ばれました。
P1100055.jpg
今は使われていませんが、他にも活動写真の旭館など実に良い佇まいでした。
P1100059.jpg
折角なので道後温泉に入って帰りはフェリーで広島まで帰りました。駆け足でしたが充実した一日でした!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード