今年も「えほんをたのしくよんでみよう!」 一枚板のテーブル工房きくら

ehon2.jpg
今年も12回を迎える子供朗読講座「えほんをたのしくよんでみよう!」の講師を務めました。
これは、広島市佐伯区の八幡小学校児童館と八幡公民館の共催で、1年生~5年生までの音読が大好きな子供たちが参加しています。週1回30分の練習を3回重ねて、4回めが発表会です。児童館の子供達や保護者の皆様を観客にマイクを使い、スクリーンに絵本を映しながら発表します。
ehon.jpg
3回目の練習でマイクスタンドを使ってのリハーサルをしています。
今年は、1年生が、山西ゲンイチ作「こんもりくん」 2年生がマージョリー・ワインマン・シャーマット/文 リリアン・ホーバン/絵 三原泉訳「ソフィーとガッシー」、3年生~5年生が、西本鶏介/文 伊藤秀男/絵「よかったなあ、かあちゃん」
私は、児玉辰春/文 北島新平/絵「よっちゃんのビー玉」を読みました。
発表会当日、子供達は、練習の成果を充分に発揮して堂々と精一杯に表現してくれ感激してしまいました。
一生懸命に発表したことが聴いている子供達にも伝わって楽しく、豊かな時間を過ごせたのではないかと嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード