FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚板のテーブルの天板の仕上げについて その②


 
横ずりの最中にも頻繁に定規をあて、水平の狂いがないようにチェックします。

 
画面では見えにくいかもしれませんが、まだ、荒削りなので、鉋の跡がはっきり見えると思います。これで大体の傷を取り、少しずつ鉋の刃の出を少なくし凸凹を少なくしていきます。その途中にも再三定規を当て、水平を確認します。ちなみにこの段階では寸六の鉋で削っています。横ずりの段階では切削抵抗が少ないのと逆目がおきにくいので、押さえをあまり効かさずに削っています。材料にもよりますが、これに半日から一日かけることもあります。かなりの重労働です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。