FC2ブログ

一枚板のテーブルの天板の仕上げについて その①



 
テーブルの水平の出し方は、色々あると思いますが、当社では、NCルーターを使っています。その後、一般的にはペーパーで磨って仕上げるところが多いようですが、きくらでは、滑らかな手触りや木肌の美しさを出すために、手がんなをかけます。おそらく、鉋のかけ方は木目にそって平行にひたすらかけると思われている方が多いと思いますが、実はそうではなく、横ずりといって木目に対して直角、次に斜め45度でかけていきます。これは、NCルーターの刃物の跡やそれによって出たへこみなどを削り落すためです。この作業が鉋がけの8割を占めます。鉋くずは下の写真のようにまだ、かなり厚めです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード