FC2ブログ

今年もステキな絵本との出会いが・・・


今年で7回目になる「子ども朗読講座 えほんをたのしくよんでみよう!」が終わり、お便りをいただきました。
広島市の八幡公民会の主催事業で、八幡小学校の児童館の子供達が、10月の木曜日の放課後、朗読の練習を3回して、最後に発表会をするものです。
今年は、音読の好きな子供達が、1年生6人、2,3,4年生7人の応募があり、発声練習や発音練習をして発表会に臨みました。みんな、音読の好きな子ども達ばかりなので、本番はやる気満々!堂々として、一番の出来でした。
 
1年生は中川ひろたか作 村上康成絵の
「さつまのおいも」
2,3,4年生はあおきひろえ作絵の「夏平くん」に挑戦しました。
 
「さつまのおいも」は、子ども達が大好きないも掘りを、子ども達とおいも達のつなひきにしてお話が展開していく可愛い楽しい絵本ですが、全然内容は違うのですが、私は金子みすずの「大漁」のことが頭に思い浮かび、ものを見る視点は通じるものがあるのかなと考えた次第です。
「夏平くん」は無茶苦茶だけど、憎めない、そういえばこんな子いたなあって友達の顔が浮かんでくる友情の芽生えを感じさせてくれる一冊。
最後に私が読ませていただいたのは、宮西達也作絵の「おれはティラノサウルスだ」 絵は漫画チックなのですが、最後に胸が熱くなって思いがけず泣いてしまいそうになるステキな絵本です。
癒されたり、深く考えさせられたり、読書の秋に、絵本を手にとってみるのも、いいですよ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

のりとし&ひろこ

Author:のりとし&ひろこ
広島県廿日市市の宮島の対岸で一枚板のダイニングテーブルや座卓をオーダーメイドしています。一枚板のテーブル工房 きくら の鈴木と申します。工房での仕事のようすや夫婦の日々の出来事、四季の移ろい、木の事など書き綴りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード